さぁ、帰ろう!   

10月29日(水)、退院後2週間チェックで脳内、およびatheromatous plaqueが蓄積されて血栓を飛ばす動脈を検査した結果「問題なし」の判定を得ました。さらに認知症の兆しも見あたらないそうです。帰途、久し振りで手をつないで(ウソ)盛り場を彷徨きましたが、歩行速度も、同じくダメージを受けた左手の機能も、発声・発音・用件や意思の伝達も3年前ぐらいのレベルに戻りました。

帰り着くとガックリ疲労を感じ、そのまま眠ってしまいました。翌朝、イヌたちのケアだけをして昼間で眠り続けです。妻がPTSDを発症してから2年余り、彼女の監視、介護、看病そして家事労働だけの毎日だったのです。わずかな息抜きはイヌたちのケアとブログぐらい。この間、BMIは20.7、体脂肪率は15.0未満に低下し、血圧は100前後~70前後です。「メタボ」なんてインチキ基準にもほど遠い状態。

商売の政治経済関係の日英訳や雑誌記事の連載記事は締め切りが守れないのでずっと中断。

どうやら、そうした生活からようやく解放されそうなのです。しかし雑誌の連載記事、書きかけの単行本は古い記憶を呼び起こして固有名詞も時系列もできるだけ正確に書きたいのです。年寄りは古いことを良く覚えていると言われますが状況によるようです。いつになったら記憶が戻るでしょうか。

日英訳の世界には、多分、戻れないでしょう。英日の場合のように「翻訳メモリー」と呼ばれる類型別の文例集といったツールはなく、内容の理解と連想力の勝負です。その連想力が相当程度低下しているはずです。
一応、過去20年間に自分が手がけた文章をデータベース化してあったのですが、最近はバックアップしておらず、マシンダウンとともに消えてしまいました。バブル経済、日本版REITの誕生、バブルの崩壊、ホリエモンや村上ファンドの事件、新自由主義の台頭など、史料としても多少の価値はあったと思うのですが。

当面はブログのコメントや投稿で日本文の書き方とキーストロークの練習を重ねて元の暮らしにできるだけ近いところへ帰っていき、ひいては世界平和に資したいと思っています(ツチヤ教授から拝借)。




いま気になっていること
*麻生が「3年後の消費税値上げ」を言い出したが、品目別税率に少しでも言及したのは与謝野馨だけ。品目別を提示すれば国民の抵抗が弱まるだろうに。
*伊藤ハムの事件では、どの報道も「シアン化物」と言うだけで「通称“青酸”」とすら表現しない。報道規制も極まれり、か。
*海上自衛隊によるインド洋上給油については米軍にもあまり知られていないとか。しかも11月4日の選挙でオバマが勝てば不要になりそう。それでも国会での騒動の種にする。
[PR]
by convenientF | 2008-10-31 16:05