前稿のコメント欄でチョット触れましたが、3日も続けて「こむら返り」に襲われると誰かの呪いではないかと疑いたくなります。掛かり付けのドクターに聞いたのですが、西洋医学では「こむら返り」はいまだに大いなる謎だそうです。東洋医学ではどういう場合に発生し、どうすれば軽減するか、までは定説ができているというのに….

今回は、「こむら返り」に続き、微熱、筋肉痛、消化器系と呼吸器系の不調などが起きました。その結果、1週間寝てしまったのですが、自己診断では”旧型インフルエンザ“の類。掛かり付けに事後報告したら「多分正解」だそうです。

“旧型インフルエンザ的”諸症状が収まり始めってきた3月26日(金)の朝、生後7ヶ月のオッチョコチョイ“イタリアン・グレイハウンド”犬の「フェルッチョ」が階段の上から3段目で、何を思ったのか、階下の床への直接ジャンプを敢行して「キャン」!

結果は左前脚踝(くるぶし)の少し上の単純骨折でした。切開して「ステント」式(鞘に入れて挿入してから鞘だけ抜く)のスティールピンを骨の中心(骨髄部分)に留置して接合。変形の危険があるギプスは使いませんでした。

そして1泊で帰ってきました。入院先は同じ建物の1階下。

夜中にジャックラッセルテリアの同居犬「エルモ」とドッグレースを始めたら大変なことになりかねません。だから「フェルッチョ」は私の書斎に入れ、吊り戸(鍵なし)を閉めて外からエアクリーナーで抑えて寝ました。か細い子犬はこれで隔離できると思ったのです。

しかし日付が変わる頃、寝室のドア付近で何か音がするので目を開けたらドアがスーっと開き、オッチョコチョイがニタニタ笑いながら入って来ました。

ビックリしたなぁ。書斎の吊り戸をこじ開け、三本脚で階段を昇ってきたのです。慌てて寝室の外の、シュークローゼット(下駄箱)下の作り付けの犬用ベッドにイタリー系のガキ犬を入れ、段ボールなどで遮蔽しました。

この態勢で2晩目まではなんとか切り抜けましたが、包帯が取れるまで1週間あります。何しろ世界に冠たるイタリア野郎ですから、このまま無事には済まないでしょうなぁ。

f0161993_524611.jpg

(紺色のストッキングが包帯)
[PR]
by convenientF | 2010-03-30 05:07
最近、大金持ちで大臣歴もある自民党の代議士が、司馬遼太郎の作品で紹介されている「幕末の志士」の名を上げ、彼のようになるつもりだ、とのたまったとか。

文筆業者の筆になる毀誉褒貶を真に受ける純真な人たちとはどうにも付き合いかねるが、見回すと結構目に付く。
それらの純真な人たちは私をバカ呼ばわりしているんだろうなぁ。直接聞いてみたい気はするけど、どうでもいい、ってばどうでもいいことだ。

それよりイヌたちの方が大事!

f0161993_15292084.jpg

[PR]
by convenientF | 2010-03-24 14:55
前稿の写真では

f0161993_8493770.jpg


この脚の長さのせいで、全体として「フェルッチオ」の方が大きく見えてしまいますね。

↓のように並ばせると体長(胴の長さ)は同じであることがわかります。
体重では「エルモ」の方が約2倍です。

f0161993_8543420.jpg

[PR]
by convenientF | 2010-03-14 08:54
わけあって、「日本テリア」が少し混じった通称イタグレ(イタリアン・グレイハウンド:Italian Greyhound)の仔イヌを飼うハメになりました。

かくして生後13ヶ月のジャックラッセルテリア「エルモ」に加えて7ヶ月のイタグレの仔イヌの面倒を見なければなりません。しかし私は後3ヶ月足らずで74才、妻は10ヶ月で71才。このイヌたちの生涯を見届けることはまず不可能でしょう。後継者を見つけておかなければなりません。

皆さん、よろしく!

f0161993_1339672.jpg
f0161993_1339335.jpg

f0161993_14312932.jpg


呼び名はやはりイタリアの男名前にしたいと思い、ローマ在住のあの方と相談して、この歌手の「Ferruccio」を拝借。


[PR]
by convenientF | 2010-03-12 13:43
昨晩も幽霊は来なかった。三晩連続だ。

友人たちの話では、狭心症は何日も繰り返し襲ってくるそうだ。
ところが、私の場合は2月29日という妙な日に1度来ただけだった。

精神活動は執拗だが内臓機能は淡泊らしい。同じ攻撃を繰り返し実行できないのだ。

ディック以外の幽霊の訪問も、もう根負けしてやめて貰いたいモノだ。怖くはないが、目上ばかりなので気を遣うし、貴重な睡眠時間を削られる。

もう勘弁してくれ!



f0161993_1359532.jpg

[PR]
by convenientF | 2010-03-11 13:59
昨夜は、なぜか、幻視、幻聴、幻覚がまったく起きず、睡眠は7時間で中断なし。何年ぶりだろうか。

なぜ幻視、幻聴、幻覚が起きなかったのか。ブログで白状したからか。

幻視、幻聴、幻覚の原因がアルコールなどの薬物への依存でなければビクつくことはないのに なぜ隠そうとしていたのか。やはり普通の鬱病や睡眠障害ではないという認識があるのだ。

薬物依存以外の原因として代表的なのが解離性同一障害、別名「多重人格障害」だ。そう観られることだけは何が何でも避けたいという意識があるのかな。

子孫がいるわけじゃなし、今更どうでもいいことなんだが、割り切れないのか。

このまま幻視、幻聴、幻覚は2度と起きないかもしれない。忘れてしまうかもしれない。
しかしディックには出てきて欲しいなぁ。



関連
[PR]
by convenientF | 2010-03-09 15:29
妻の快復状況は順調であり、私の膝や腰の痛みも何とか軽減しつつあります。
ところが3年前に始まった私の睡眠障害は正常化に向かっているのか、あるいは新たな“異常”に向かっているのか、医師も判断しかねている状態です。
入眠から1~2時間でパッチリ目が覚めてしまう“早期覚醒”はほとんどなくなりましたが、代わって“幻聴”、”幻視”、”体感幻覚”などが起きるようになったのです。
入眠してから何かが聞こえたり見えたりすれば「夢」ということになるでしょうが、横になって本を読んだりCDを聴いたりしている最中に誰かが突然やってきて私に話しかけるのです。握手などをすると触感があります。昨夜は先ず亡父が現れ、暫くするとディックがやってきて私の顔を嘗め回していきました。
この“幻覚”現象はディックが死んでから始まったのです。だから、ディックの死に伴う「ペット・ロス症候群」とみなせるのでしょう。それにしても「神秘的」です。15頭のイヌを見送ってきたのにこんな経験は初めてです。
ふと気になって記録を調べてみたら、昨年3月にチャーリーが逝ってから約1年で私の体重は丁度10キロばかり減少しています。この体験に基づき、『ペット・ロス・ダイエット』(仮題)を書こうかと考え始めています。

”The story, all names, characters and incidents described above are fictitious. No identification with actual persons, places, buildings and products is intended or should be inferred."
(このブログ記事はフィクションであり、実在の人物、団体、事件等とは一切の関係がありません。)


f0161993_153925100.jpg



[PR]
by convenientF | 2010-03-06 15:40