面白い記事に出くわしました。

(http://www.sv15.com/diary/wikiscanner.htm)
ネットのフリーな百科事典「ウィキペディア」を官公庁や企業が編集しまくり、って事件が話題を集めています。Wikipediaの編集者のIPアドレスを逆引きで検索し、組織ごとの編集履歴がわかる「wikiscanner(ウィキスキャナー)」に日本語版が登場したためです。

事件のアウトラインはITmediaの記事をどうぞ
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0708/29/news059.html
事件のまとめwikiはこちら
http://www40.atwiki.jp/wikiscanner/

なぜ書き込み元の組織名がわかったのか、またIPアドレスに基本説明はこちら
会社でのネットサーフィンは危険!(読売オンライン:サイバー護身術)


自宅の個人用、奥方用、子供用、あるいは友人宅から書き込めばばれないのに....
やっぱり国民を欺かないのですよ、彼らは....
[PR]
by convenientF | 2009-09-26 15:43
1年ほど前から右の背中、肩胛骨の下辺りが痛みます。一向に消えないので掛かり付けの内科医に話しましたら「何かあるとしたら胆石でしょうから超音波で覗いてみましょう」ということになりました。

そして今朝(9月25日(金))、超音波検査を受けてきました。

胆嚢界隈には何もいません。
「ついでだから全部見ましょう」と胴体の内部を全部覗きました。
結局、腎臓に小さな嚢胞がある以外は脂肪肝気味だというだけ。
怖い前立腺も正常サイズ。

念のため採血しましたが、この結果は来週。

この数週間、短時間覚醒もなくなり、7~8時間は一気に眠っています。

もしかすると3年ぶりぐらいに元の「健康優良老人」に戻ってしまったかもしれません。

一方、妻の方は2ヶ月ばかり睡眠状態が不安定、更に抑鬱が酷く、まったく動かなくなっていました。
それで先々週、抗うつ剤を、従来のSSRIからSNRIに切り替えました。この種の薬剤の場合、効果が出るまで長期間を擁する場合が多いらしいのですが、先週末辺りから表情が明るくなって万事能動的になりました。
まったく久し振りに美容院に行き、鍼灸院へも通い始めました。
脳梗塞による左手の麻痺と発音の問題は残っていますが、一安心ではあります。

カダフィーの国連での一暴れも痛快だったし.....関係ない?


(オレたちもやれやれだ^^)
f0161993_1417588.jpg

(心配でツラが毛だらけになっちゃったよ)
f0161993_14182824.jpg

[PR]
by convenientF | 2009-09-25 14:18


こちらの方が大ニュースになってしまったし、下の問題はワイドショーネタになりにくいのか、話題になってないようですね。

 政府は2010年度予算から予算編成の方法を抜本的に見直し、事実上の複数年度予算を導入する方針を固めた。年度内に予算を使い切る慣例をやめて無駄な歳出を減らす狙いで、具体的には残った予算を翌年度に回す基金設定や法改正を想定している。概算要求基準(シーリング)も廃止し、国家戦略室(後に局に格上げ)が予算の優先順位付けをする方式に改める。来年度予算の全体像も含め、10月に政府方針として提示する。

 菅直人副総理・国家戦略担当相は20日のNHK番組で、予算編成について「日本は単年度会計で使い切りだから、年度末になると道路に穴を掘っている」と公共事業などでの無駄を批判した。同時に「英国は3年ぐらいのメドを立てて、その中で最終的に単年度に落とす複数年度予算だ。こういう基本的な枠組みをどうするか」と表明した。(http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090921AT3S2000V20092009.html)


 首相直属の新設機関「国家戦略室」の古川元久室長(内閣府副大臣)は21日、テレビ朝日の番組で、政府が平成22年度からの導入を検討している複数年度予算編成について「なかなか難しい」と述べ、当面は22年度予算のみの編成を優先する考えを示した。

 古川氏は「来年度予算はあとわずかな日数でやらなければいけない。マニフェスト(政権公約)で約束した初年度のものをきちんとやることが第一の目標になる」と述べた。複数年度予算導入は菅直人副総理・国家戦略担当相が20日のNHK番組で意欲を示したばかりだった。

 また、古川氏は「戦略室」を「戦略局」に格上げする法整備を10月以降の臨時国会で進めた上で、「来年ぐらいからは本格的に局としてスタートできるのではないか」との見通しを示した。(http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090921/stt0909211859006-n1.htm)


こちらの問題についても息を潜めて成り行きを眺めている人々が相当います。

毎年度、最後の四半期、つまり1月になると菅直人の言う「穴掘り」がどっと発注されます。我々文書屋には何年も前に作った文書がまた発注されたり、外国語から日本語に翻訳した日本語文書を元の外国語に戻す仕事を依頼されたりします。

2月後半になって、それでも予算が残りそうになると「テキトーな請求書」を要求されます。そしてドカンとお金が振り込まれます。いわゆる「預け」と呼ばれる裏金です。

この「預け」を年間の資金繰り計画に組み入れている業者は、どの業界でも非常に多いはずです。だから「息を潜めて成り行きを眺め」ることになるのです。

私はもう関係ありませんが、別な視点から「息を潜めて成り行きを眺めて」いたいのですよ。
[PR]
by convenientF | 2009-09-24 14:15


早くも噛みつき始めましたなぁ。


[PR]
by convenientF | 2009-09-21 05:12


そして、未知と遭遇した国会議員たちは母船「小澤号」にのって遠い宇宙の彼方へ飛んでいきましたとさ・・・なんてこたぁないだろうな。
[PR]
by convenientF | 2009-09-17 15:54
ナンシー・レーガンは、その控えめなファッションが当時の多くの女性達に真似られたことと、「Just Say No」反麻薬キャンペーンの支援、占星術への傾倒でよく記憶される。実際彼女には、ファーストレディ時代にジョウン・クイグリーという個人的な占星家がいた。占星家達は1981年の大統領暗殺未遂事件以後、夫の安全を守るためとして重用されるようになった。それはホワイトハウスのスケジュールにも影響を及ぼすようになり、重大な困惑の原因となった。日付は占星家のアドバイスによって「よい」日、「普通の」日、避けるべき日と色分けされた。このことが原因でホワイトハウス首席補佐官のドナルド・リーガンはファーストレディと対立することとなり、最終的にリーガンは1987年に辞職した。(Wikipedia)





神聖なお話みたい.....
[PR]
by convenientF | 2009-09-13 10:18
Wikipediaから引用するだけです。それだけです。
特定の誰かによる、特定の誰かに言及するメッセージではありません。

多数決の原則によるとされる民主主義であるが、これは民主主義の一面でしかなく、実際には少数意見の尊重こそ民主主義の要である。それゆえに、実際の政策を決める際には多くの話し合いや手続きを要する。

独裁制は、少数意見尊重の民主主義に付き物の数々の煩雑な手続きが無くなるため、目的を達成する効率が良い。また、独裁者が有能な場合は、国民の大多数の意見を伺ってそれに従うよりも、より高所に立った合理的判断をすることができる。

問題は、独裁者の判断が偏狭または不合理であっても、それを止める方法が合法的に存在しないことにある。システムとしての独裁制には、独裁者の暴走へのチェック機能が存在しないことが問題点となり、常に暴政に変貌する危険を秘めている。

そして、そういった暴政には多くの場合言論の自由の侵害が付き物である。報道機関は管制され、一般国民も自由に意見を述べる権利が大幅に削られることが多い。

ウィンストン・チャーチルは独裁制に魅力を感じる風潮を戒め、次のように述べている。「民主主義は最悪の政治体制といえる。これまで試みられてきた、民主主義以外の全ての政治体制を除いた場合だが。」



[PR]
by convenientF | 2009-09-12 15:48
「うん、リストラされた人たちも大変だよね。家にずっといても、やることがなくて暇でしょう。趣味を持てばいいよね」(『週刊新潮』9月10日選挙特大号p.152)

失業率が史上最高になった国の総理に、とりあえず就任するはずの人の発言です。
頼りになりそう!

オレも趣味を探さなくっちゃ。

f0161993_108195.jpg

(趣味用)

f0161993_109818.jpg

(面接用)
[PR]
by convenientF | 2009-09-07 10:16
鳩山オニイチャンの日米関係に関する文書に対してアメリカの官僚もマスコミも怒ってるらしい。

「オマエら、誰のお蔭で生きてこれたんや?」

鳩山が

http://pinhukuro.exblog.jp/5465285

を読んでいたかどうかは知らない。

アメリカでも日本でも、60代以下の現役世代が物心ついた時には既に「日本政府=自民党」だった。別な体制はチラッと見ただけ。白昼夢みたいなモンだった。
だから鳩山という、ようわからん人物がトンチンカンと思えるようなことを言い出したら戸惑う。カチンとくる。
「オンドリャ、やる気か?」となる。

やれやれ!とことんやってみなはれ。
親子喧嘩、兄弟喧嘩から道が開けるときもある。
喧嘩別れになったら、そのときはそのとき。

70年前に戻ったと思えばいいさ。
[PR]
by convenientF | 2009-09-05 15:17
ヤミ将軍が4日で衣を脱いじゃった!

人事権を握る上、衆議院だけで半数以上が手兵。
商談に目処がついたのかな?

自己の権力拡大保持だけが人生であり、唯一の能力って人物、古今東西珍しくないから???????
[PR]
by convenientF | 2009-09-04 15:02