SUICAやPASMOの専用改札機は、朝夕のラッシュ時には有効でしょうけど、乗車券利用者の方が多いはずの昼間は却って邪魔になるような気がするのですが….

先日、妻と一緒に隣駅の繁華街まで出かけたとき、いつもはタクシーで帰るのですが今回は駅ビルまで来てしまったので駅ビル内のJR乗車口で切符を買い、1つしかない乗車券改札機へ行ったら学生風の若い男が改札機にもたれてケータイでしゃべっています。



電話機を持った腕の肘と片足が改札機の通路にはみ出しています。私は一瞬立ち止まって男の目を見ましたが反応しません。電話の相手の顔しか見えていないのです。そこで私はわざと足に躓きながら肩を電話機に当てようとしましたが空振り。

内心ガッカリしながら改札機を通り抜け、数十センチ後ろの妻を振り返ると黙って自分の頭を指で指しました。私の肩は空振りでしたが彼女のヘディングは命中したようなのです。同時に後方で「キャーッ」「カワイソー」という若い女性たちの悲鳴。例の男は電話機を拾い上げて調べています。周囲には10人以上の大人がいましたが一様に薄笑い。中には拍手する人もいました。

エスカレーターのところへ行くと、今度は背の高い若い女性が乗り口に立って電話しています。私たちの前に高齢の女性が二人待っています。電話の女性は待っている人々の方を向いていますが目は虚ろ。エスカレーターに乗る気配は見せません。



妻の後ろに体格のいい中年女性がやってきました。情景を一目見て「チェッ、またか」と呟き、続いて大声で「そこのお嬢さん、アンタ乗るの?乗らないの?」

“お嬢さん”は電話で話しながら回れミギしてやっとエスカレーター乗りました。中年女性は「こんなヤツ、蹴り倒せばいいんだよ」と聞こえよがしに言いました。「蹴り倒したら警察に引っ張られるのはこっちですよ」と私が言うと「そうだわね。あーあ、災難だよ」

“お嬢さん”はエスカレーターが頂上に着いたことにも気づかず、見事にスッテンコロリン!しかし、転がったまま話し続けています。

日清戦争での木口小平喇叭卒を思い出しました。


[PR]
by convenientF | 2009-05-31 04:27
ほとんどの人が白マスクという風景も不気味ですが、黒くて巨大なサンバイザーに不思議な色のマスクと長手袋という女性たちも相当怖い!テロリストに敏感な国では官憲に尾行されるのではないかと心配してしまいます。

ニッポンは国連の会費を一番沢山払っているそうですが、今回の新型インフルエンザ以前に、紫外線問題でも国連専門機関であるWHO(世界保健機関)の公式見解を完全に無視しています。

選民なんですね。
[PR]
by convenientF | 2009-05-26 15:44
土日は雨だったのでまったく外には出ず、5月25日(月)朝になって近所のコンビニ。入って驚きました。店主夫妻以下、全員アジア諸国からの留学生である店員たちも全員白マスク。店主夫人に「どうしたの?」と訊いたら「急にマスクが売れなくなって棚のスペースがもったいないから….」と苦笑い。
3時間後駅前の鍼灸院へ出かけたら、金曜日には9割の人が白マスクだったのにこの日は1割未満。政府広報のTVコマーシャルの威力なんでしょうか?

だとすれば素晴らしい従順さ。
ハイル・ヒットラー!
[PR]
by convenientF | 2009-05-26 14:41


50代半ばだったある年の1月3日、正月らしく朝酒をやろうとしたら何となく熱っぽいのです。測ってみたら39度。私の平熱は35.5度前後なのでかなりの高熱に感じます。慌ててベッドに入りました。

意識が戻ったのは6日の朝でした。人事不省になっていた3日間の最高体温は42度だったそうです。家族が手分けして近隣の病院に入院を申し込みましたが全部満床。「年齢順です!」とニベもなく断られたというのです。

この「季節性インフルエンザ」により、人口14万弱のあの都市で200人を超える、主として高齢者が亡くなったと報道されていました。

今、大騒ぎになっているメキシコ発の「H1N1インフルエンザ」(豚インフルエンザ)では37度で「大変な高熱」と報じられています。高校生までもが強制入院隔離されたとか。

全国の感染者数は163人(5月19日朝現在)!

世の中、変われば変わるもの。


[PR]
by convenientF | 2009-05-19 10:58

ダイエットに成功したように見える人でも、死ぬまでにリバウンドが来るか、リバウンドがくる前に死んでしまうかどちらかだ….

「週刊文春」5月21日号の90ページ『ツチヤの口車』に書かれている土屋賢二センセイのご託宣です。このあと、その論拠が具体的に示されています。ただし一流大学の一流教授ですから、日本語の「ダイエット」ではなく、英語の「diet」に従って「食」にしか言及していません。運動や体操は議論の対象外です。
その点をご承知の上で、ダイエットに関心のある方は是非立ち読みしてください。350円も出して買うこたぁありません。350円あれば肥満につながる高カロリーのコンビニ弁当を食べられるでしょう。

それにしても見事な論理ですねぇ。完全無欠。しかも、いろいろな場面に応用できる言い方です。
f0161993_14294980.jpg

(Charlie兄貴はどこへ行っちゃったのかなぁ)

私は高校生時代の体重を維持していると方々に書いています。だから私自身はダイエットに関心がなく、リバウンドって何のことなのかよく知りません。
肥満とは無縁であり、血液検査で異常値が測定されたことがあるのは尿酸だけです。血糖もコレステロールも正常値です。なのに先月、循環器外来だけで10人も医師がいる巨大病院で「虚血性心疾患」と断定され、入院を“命令”されたことは既に報告した通りです。入院拒否は断じて許さないという雰囲気でしたが、この病院のモットーとして

あなたのプライバシーを守ります(プライバシーを保障される権利)
私たちは、あなたのプライバシーを堅く守り、個人情報の守秘に万全の配慮をいたします。
あなたは、他人に話したくない個人的情報について、話さない権利があります。
診療に関する情報について、わかりやすい言葉で十分にご説明します(情報を知る権利)
私たちは、あなたの納得がいくまで、わかりやすい言葉で、十分にご説明いたします。
あなたは、診療に関する情報について聞かない権利、ご自分のカルテ(診療記録)を見る権利があります。
あなたのご希望を尊重します(希望を言う権利)
私たちは、あなたのご希望について、ご一緒に相談させていただき、最善のお手伝いをいたします。
あなたは、ご希望を時間や病状の変化に伴って変える権利があります。
あなたのお選びになった検査や治療方針について、力を合わせてお手伝いします (選ぶ権利)私たちは、検査や治療などの方針について十分話し合い、ご一緒に最善の方法を考え、最大限お手伝いをいたします。(インフォームドコンセント)
あなたは、医師・看護師などの勧める検査や治療・ケアを断る権利、それに代わるものの提案を求める権利があります。
あなたは、この病院以外での診療を希望する権利、他施設の医師の意見を聞く権利があります。(セカンド・オピニオン)


と明記されています。だから私は「断る権利」を黙って行使しました。わざわざ断りに行くと一層こじれるという噂を耳にしましたので….

なお、患者の「知る権利」「断る権利」はどこの病院も明示していますが、実態はバラバラのようです。

薔薇の季節だから、ま、いいか。

[PR]
by convenientF | 2009-05-15 14:39

いま「脳と心はどこまで科学でわかるか」(東大社会人科学講座―生命科学編)という本を読んでいます。saheizi-inokoriさんのように速くは読めず、ようやく半分です。
家事や介護で時間を取られるから遅いという言い訳が可能かもしれませんが、実は、読んでいる途中で別なことを連想して道草を食うからなのです。

各個人の計算や論理的思考の速度を「fMRI」という手段で客観的に測定できるようになったことは知っていましたが、この本の他の内容は無知な私には驚きばかりです。

「心」、「魂」は肉体の外に存在し、肉体が死んで骨だけになっても「霊魂」は生き残る、という主張はいまでも優勢のように思えます。この「霊魂不滅説」を唱える人々が本気でそんなことを信じていると到底思えません。合意の上での嘘だと私は断言したいのです。

しかし「霊能師」と称する芸能人が演じてみせる「霊視」その他のショーにおける「お告げ」を信じる人、重要な意志決定を下す際に占い師などに頼る人は多いようです。「霊魂不滅説」を固く信じている人は日本の全人口の過半数を占めるように見えます。一寸でも否定的な言葉を吐くと十字砲火を浴びます。だからこそ、「脳と心はどこまで科学でわかるか」に紹介されているような技術が私を助けてくれる日が来ると信じたいのです。

ところが、そうした技術を社会が活用するのも容易ではないようなのです。たとえば「振り込め詐欺」に引っ掛かる人はMRIで特定できるようになっています。被害を受ける前に保護することが可能になっています。成人健康診査のように中高年の市民を診断すれば詐欺被害を受けそうな人を抽出できます。

そうした人々の名簿は高く売れるでしょうね。

[PR]
by convenientF | 2009-05-11 14:48
巨大病院での心臓検査の件ですが、その後の病院側の反応を聞きに町内の掛かり付け医へ行ってきました。

彼が2週間前に病院の担当医に検査結果の提供を求めましたが「入院→カテーテル検査→手術」を主張する数行の返信が来ただけ。
掛かり付け医はすっかり嫌気がさした感じで「どこかで再検査をお受けになりますか?」てな調子。
「XX医大病院に知ってるドクターがいるんですけど」と言ったら「最高じゃないですか」

ということで、来週、面談に行ってきます。

以上、取り敢えず報告。
[PR]
by convenientF | 2009-05-07 11:24


「こどもの日」ということで一部のテレビ番組では「少子化問題」を取り上げています。しかし、どの議論を聞いても隔靴掻痒というか、「それが何か?」「それをどうするの?」「それでどうなるの?」「そもそも、少子化って問題なの?」って言いたくなる話ばっかりです。

ネットを見歩いても同じようなモノが大多数ですが、時々、吹き出すほど面白い主張に出会います。

「過剰老人福祉」が少子化をもたらした、なんてのは見事な議論展開です。老後の不安を感じないから子供を作らないというんですな。人間は老いると子供に扶養される、つまりヒトは親を扶養するために生まれるという論理なんでしょう。「産む機械」論と同根に見えます。

これまで、私は「“住民”という1個の塊が利用可能な資源に見合ったサイズに収縮しているだけ」と繰り返してきましたが、もっと簡単に言い切ってしまえば「脊索動物門・脊椎動物亜門・哺乳綱・サル目(霊長目)・真猿亜目・狭鼻下目・ヒト上科・ヒト科・ヒト属・ヒト種」が「雌雄同体」に向かって変化し始めただけです。

「環境ホルモン」「Y染色体の退化」そして「草食系男子」といった議論は、この「雌雄同体への変化」を見極めるためのステップだったのです。

だから「母子家庭」に冷たいのも「雌雄同体」への過渡期だから当然です。

ましてや「父子家庭」なんぞは無視されなければならなかったのです。


アーァ、また袋叩きに遭いそう。
[PR]
by convenientF | 2009-05-05 14:55