2002年1~3月期から、2006年4~6月期までの期間に名目GDP(年率換算)は21兆円増えたそうです。史上最長の好況です。企業の配当、役員賞与、内部留保は当然上昇しましたがサラリーマンの所得は4兆円も減っているそうです。

こんなような現象です。

f0161993_16114770.jpg


その上、配偶者特別控除の廃止、老年者控除の廃止、定率減税の半減と3.9兆円の大増税が実施されました。定率減税という変なものも全面的に廃止されましたが、所得税が掛かるだけの所得のある人は激減しているので残っていても機能しません。そもそも、未だにガヤガヤと騒ぎの種になっている定額給付金は、所得税の減税として考えられたものでしたよね。しかし「所得税が掛かるだけの所得のある」少数の人にしか恩恵が及ばないことに気づいて「給付金」に切り替えられました。

国税庁によるとサラリーマンの年収は10年ぐらい続けて減っています。 そこへアメリカ発の恐慌が襲ってきたのですから地獄です。ない袖は振れませんから人々は消費しません。

そもそも、あらゆる物とサービスに関わるすべての生産・流通活動の目的は消費財と消費者へのサービスの提供なのです。だから消費者がお金を使わなくなれば物とサービスに関わる生産・流通活動は無用の存在になるのです。経済とは、この消費財と消費者へのサービスの提供のための生産・流通活動のサイクルなのです。消費者の支出が生産・流通活動の元手になるのです。だから消費者が支出を抑えると生産・流通活動にブレーキが掛かります。

消費者が支出できるお金は労働の対価です。企業が収益を資本側だけに分配し、労働側への分配を減らせば消費支出が減るのです。要するに企業、つまり資本側は自ら首を絞めて来たのです。この愚かな行動の思想的な柱が「新自由主義」です。「新自由主義」とは、資本が自らの首を絞めるように導く悪魔の思想であり、「邪教」と呼ぶべきです。

この邪教を日本に広めたのが小泉・竹中政権です。その布教の過程は月刊「文藝春秋」三月号『竹中平蔵君、僕は間違えた』に具体的に書かれています。この邪教の導入と布教において竹中を手伝った中谷巌という人の懺悔です。
[PR]
by convenientF | 2009-02-26 16:15
f0161993_10245639.jpg

雨か雪が降っていない限り、空が明るくなったらコイツらと近くの遊歩道を通って公園まで行ってきます。全長3キロぐらいでしょうか。
遊歩道は堂々たる桜のトンネルであり、首から携帯電話をぶら下げた私より年長の人たちもブラブラ散歩しています。ジョギングやウォーキングに励んでいる人もいます。全体が市有地であり、様々なベンチが備えられていますし、トイレもあります。

ところが、昨年末あたりからベンチで夜を過ごしているらしい人を見かけるようになり、年が明けてからは日に日に増えてきました。1つのベンチを1人が占有している感じです。

年齢は20代から50代くらいまで、様々です。どの人も海外旅行に使うようなキャスター付きのバッグを携えており、身なりもキチンとしています。起きている人は話しかけてきたりしますが言葉遣いも普通の社会人です。もちろん女性もいますが、建築現場や工場のラインの作業員ではなく、概してオフィスワーカーの雰囲気です。

そして先週末、2月21日(土)の朝にはすべてのベンチがふさがっていました。私の散歩道が遂にホームレス村になってしまったようです。今のところホームレス風ではありませんがいずれ汚れてくるんだろうな、と暗い気持ちになりました。

ところが翌2月22日(日)の朝、どのベンチも空っぽ。人影もバッグなどの荷物もすべて消えています。市有の遊歩道、公園ですから市当局が彼らをどこかへ収容したと考えられます。あるいは宗教団体が何とかしたのでしょうか。例の、宗教団体をバックにする政党の幹部が大勢住んでいる土地です。



テレビの報道番組で「派遣斬り」された人々の求職活動を何度も見ました。皆これまで従事してきた職種を希望しています。それらの職種が人余り状態になったから斬られたはずなのに同じ職種を希望するとは....特に30歳前後の人たちはいわゆる「就職氷河期世代」です。まともに就職できず、何でもいいからと派遣労働者になったのに、その頃の「何でもいい」精神を忘れたのでしょうか。

例によって役所が支援するフリをしていますが、求職者たちの希望を満たし、しかも長期間継続する職を斡旋できるとは思えません。やっぱり「何でもいい」精神に戻るしかないと、半世紀前に就職に苦労したジジイは思うのですけど。




[PR]
by convenientF | 2009-02-25 11:55
石川遼チャンのマスターズ出場が決まって以来、ワイドショーの司会者やコメンテーターがゴルフの技術論を展開している。フツーの小父さんゴルファー、小母さんゴルファーたちだ。多分、100前後のスコアでラウンドするレベルだろう。彼らがやっているゴルフとプロゴルフは全く違うスポーツだと思っていない。プロまで行かなくても、100前後のゴルフと70台のゴルフは別世界だということを知らない。イチローの狙い打ちと商店街野球のオッチャンのバッティングぐらい違うのに....

しかし遼チャンは初戦で予選落ちした。いくら芝生の種類その他が異なるにしても数字が悪すぎる。見かけによらずsaheizi-inokoriさんみたいな「あがり症」なのかな、と訝りながら今朝のニュースを見たら、何と、パッティングの時もサングラスを掛けたまま。これじゃダメだ。

サングラスを使うプレイヤーが多い外国のトーナメントのビデオはさんざん見ているだろうし、これまで出場した国内のゲームでももサングラスを掛けた先輩たちがパッティングに入るときは外すのを目撃していると思うのだが....

サングラスを通してみると至近距離の物体の位置が少しずれる上、芝生の表面を正確に観察することが出来ない。だから近いところの目標に向かってボールを転がすパッティングではサングラスを取る。幼少の頃からゴルフをやってきて、そんなことにも気づかなかったのか。

杉原輝雄や岡本綾子のような口の悪い大ベテランたちは何と言っているやら....
[PR]
by convenientF | 2009-02-22 10:15
中川は辞任したが、外国での揶揄嘲笑のボリュームは上がっているようだ。

私は「飲んだのを『ごっくん』というのであれば、ごっくんはしていない」「『たしなむ』って程度ですか」の言い訳に引っ掛かったので、ある席で問題にしたら参加者たちからこっぴどく叱られた。
「中川さんは『東大法学部』ですよ。あの方が正しいに決まってるじゃないですか。そう言うケチを付けるとCFサンが私大出だから僻んでると見下げられるだけよ」

要領よくまとめてあるページがあるので拝借する。
**************************************
しかし、「酒をたしなむ」というのは、「酒を口に含む」「僅かな量の酒を飲む」という意味なのか。国語辞典を見てみる。

たしなむ:
「明鏡国語辞典」
    1.芸事などの心得がある。(例)お茶(謡)をたしなむ。
    2.好んで、ほどよく親しむ。(例)酒はたしなむ程度。
        (以下略)
「国語大辞典」
    1.常日ごろからあることを好んで行う。
      イ)芸事に親しんでいて、ある程度の水準まで達している。
      ロ)酒やタバコを愛好する。(例)酒を少々たしなむ。
         (以下略) 
他に、「岩波国語辞典」「大辞泉(ネット)」「大辞林(ネット)」なども見たが同様である。
少し違うのは、「新明解国語辞典」で、

「酒をたしなむ=つきあい程度に飲む」

としている。これは、しかし、「つきあい程度に軽く飲んだ」という特定の1回の行動をいうのでなく、「つきあい程度には飲む(その程度には飲めるほうである)」の意味用法と受け取れば、他の辞書と一致する。

**************************************
えぇ、どうせアタシャ私学の不経済学部です。「嗜み」に欠ける人間なんですよ。
[PR]
by convenientF | 2009-02-19 16:00
明け方から「中川昭一の泥酔会見」を観て笑っている。笑うしかない。これで外国、特にキリスト教国、イスラム教国などから一層軽蔑され、まともに相手にされなくなる。

つい先だってまで日本の産業界を所有し、支配してきた国際投資資本が急ぎ足で日本から撤退しているらしい。企業業績の悪化は日本だけの現象ではない。つまり彼らが撤退する理由は別にあるのだ。社会リスク、政治リスクが見えてきたからだ。
マスメディアは「企業のコンプライアンス・レベルが低下する」と嘆いて見せている。こういうマスメディアの扱いこそが社会リスクなのだ。「国際資本が出て行けば株主分配を労働分配に回せるので雇用を改善できるはず」という主張が現れない。「自分たちの生活が第一」という主張が支配的でない社会は不健全である。不健全だから国際資本は見離すのだ。

昨日は在日する外国の経済人の座談会を、きわめてマイナーなチャネルで観た。出席者の意見が一致したのは、最近半世紀にわたって西欧諸国より遙かに金持ちだった日本に、西欧では当たり前の老人福祉サービス、老人優遇サービスが存在しないこと、西欧並みの老人ホームが造られないことの底流にある人間観、老人観だった。


(老黒人奴隷の嘆きの歌)

かつて、石原都知事は「生殖能力がなくなった女性は社会にとって不要な存在だ」と言い切った。昨今の企業業績の悪化、財政の逼迫を背景に財界の老人までもが「老人は社会の廃棄物」と言い放つ。
これが、特に「人の義務は生きること」とするキリスト教国の人たちには理解不能な感覚らしいのだ。第二次大戦における日本軍人の蛮行について様々な報告があるが、いま日本で老人の扱いを観ているとそれらの根拠不明の報告も信じたくなると言う。

座談会を見終わった後、同じ番組を観ていたキリスト教国からきている友人からメールが来た。「日本では、労働や生殖から退いた老人は社会の老廃物、つまり排泄物なんだね」
[PR]
by convenientF | 2009-02-16 09:43
就任以来いろいろ笑わせ続けてくれたし、おまけに役人どもの娯楽費からピンハネして小遣いをくれるというのでまぁいいかと思ってきたが、飛んでもないことをしでかしやがった。

ペテン師ライオンの尻尾を踏んじゃったので、またあの変な頭と、そして側近だった気持ち悪い赤ん坊面がテレビのニュースにしばしば現れそうなのだ。

ヤツらの内閣が消えてから我々夫婦の健康状態がようやく回復してきたのに、また悪化しそうだ。

今度ばかりは許せん!っていっても、オレには何の抵抗手段もないのだが....

こちらもどうぞ
[PR]
by convenientF | 2009-02-13 09:37
このところ「超大型」(L&G)と「マァマァ大型」(関西一の女相場師)の2件の投資詐欺が続けて摘発されました。この種の詐欺に金を投じて損をする人を私は「被害者」と呼ばないと以前書いています。

そして、例によって取られた金額が大きいケースだけが具体的に報道されましたが、例によって引っ掛かった人の大多数は主婦のようです。なぜ主婦が多いのかについては下記のようにコメントしたことがあります。
**************************************
カルチャースクールでも、ジムでも、ゴルフスクールでも、オバチャン軍団を観察していると、構成員の間の結束と指揮命令系統、信賞必罰システムは鉄壁のようです。
ロッカーを開ける順番も、シャワーに入る順番も、廊下を歩く順番も、エレベーターに乗る順番も不動です!

**************************************
今回の詐欺事件でも「友達に勧められ、断れなかった」という主婦の談話が紹介されています。昨年営業停止処分を食らったアメリカのマルチ商法は日本に上陸したときから主婦軍団をターゲットにしていました。流石マルチ商法発祥の国!

雇用問題、失業問題でも恐ろしい話を聞きました。「夫が失業しても子供の英会話とピアノは何としても続けさせます。だって、お母さん仲間に顔向けできませんもの」

レッスン代は「元本保証高配当」の投資で賄うのでしょうか。ご亭主が失業したらその投資資金はどこから持ってくるのでしょうか。自分が働いて稼ぐつもりなのでしょうか。仕事の口があると思っているのでしょうか。

例のお茶の水大学ツチヤ教授のお笑いエッセイでは、収入は全部妻に支配され、自分はキャッシュカードも持たされていないと嘆き、世の亭主が全員同じ境遇にあるという前提で話を進めます。これぞ「ツチヤ流レトリック」でしょうが、「世の亭主が全員同じ境遇にある」とマジメに信じている人も少なくないようです。世界中の生活様式だと思っているようなのです。

そんな亭主は日本の大都市圏に生息するサラリーマンの一部だと私は思ってきましたが、急激な金融市場の悪化、投資詐欺などで主婦が資金を失ったという報道を頻繁に耳にして確信が揺らいできました。全員とはいかないまでも、大多数の亭主は自分の稼ぎを自分の裁量で扱えないらしいと思い始めたのです。



私の妻は、一昨年に私が結婚後初めて入院するまで、日本国内では自分でATMを操作したことがなかったのです。外国旅行中は自分で何としてきたようですが、家にいる時は必要とする現金の額を私に告げるだけです。私の収入がどこからどれぐらい、どこの銀行に入るかも知りません。全く興味を示さないのです。要求する額が多すぎたら私は却下します。それだけです。妻は自分の消費にしか関心を持たないのです。

我々夫婦の経済生活は例外中の例外のようです。これも困ったものです。

こちらもどうぞ
[PR]
by convenientF | 2009-02-09 13:43
芸能レポーターらしい男性が「篤姫サン、家茂サン」と言うのを聞いてびっくりした数日後、かなりマジメな番組でセンセイ風の女性が「紫式部サンが描いた光源氏サン」と仰ったので椅子から落ちそうになった。

有名人著名人への「サン付け」について文句を付けているブログはある。芸能人でも、たとえば武田鉄矢と言う男は番組で話す場合は同時代の業界の先輩にも敬称を付けない。「阿久悠」で済ませる。

一方、ワイドショーやワイドショー型の報道番組では政治家に肩書きを付けない場合は「サン」だ。「サン付け」でクソミシに言う。それこそ失礼だと私は思うが、世間は逆のようだ。

どんなに注意されようが非難されようが、私は、特に「森喜朗」と「小泉純一郎」にはいかなる敬称も付けない。幸い「付けてはいけない公的な理由」があるからだが....

こちらもどうぞ
[PR]
by convenientF | 2009-02-07 14:55
脳梗塞プラス骨折プラス打撲で左手が使えなかった妻ですが、傷めた方の手でパンにバターを塗ったり、葉物の野菜を切ったり出来るようになり、今日で整形外科から追放されました。
今後は日常生活で機能を回復させていくだけです。

ご心配かけてもうしわけありませんでした。
[PR]
by convenientF | 2009-02-05 14:33
「かんぽの宿」のオリックスグループへの呆れた売却話が鳩山邦夫の咆哮で振り出しに戻りそうだ。

ま、振り出しに戻るのが妥当ではあろうが、鳩山が吠えるまでメディアであまり問題にならなかったことが今の日本社会を象徴している。民営化を実現したがそれで大儲けするヤツがいる。本当に儲けるヤツは世間に知られない。知られないように圧力を掛けたり策したりする。それは誰なのか。民営化の経緯を丁寧に振り返れば見えてくる。鳩山もそこを狙って噛みついたのだろう。

あまりにも臭すぎる話だ。「郵政民営化」を国民運動であるかのごとく演出し、民営化したら国民のカネで作った資産を捨て値で売る。それを買うヤツが、なんと、民間代表として民営化を推進した張本人のオリックス!オリックスが独り占めできるわけがない。むしろオリックスは単に入札を担当しただけだ。

公開入札なら入札社の情報はすべて公開出来るはずなのに日本郵政は公開しない。鳩山は立入検査で脅す。

世界に「郵政民営化」の例は少なくないが、仕掛け人、実行犯の思惑通りに進んでいる例はない。郵政民営化は、どうやら天に逆らう業のようだ。
[PR]
by convenientF | 2009-02-03 16:46