昨28日、二人とも5時にベッドを離れ、妻がトイレに入るとすぐにドシンという音。

ドアを開けてみると倒れていた。

すぐに立ち上がって椅子に座ったが、発音は精神科を替えてから好転したままだ。 ほっとした。

やがて立ち上がって流しへ向かったがまた転倒。
「ディックが急に立ち上がったから」と言い訳したが、Dickは離れたところにいるし、少し呂律が怪しくなっている。
1時間後ぐらいにまた転倒。発音が相当怪しい。
救急車を呼ぼうか思案していると、床のゴミを拾おうとしてまた転倒。
発音は完全におかしい。

救急車を呼んだら、空きベッドがあるのはKM病院だけだ、と言われて担ぎ込まれた。
あの悪名高き「H病院」の後身だ。

とにかく梗塞部分の溶解は間に合い、今日は発音も良くなっているが、病院のサービスはひどい。
医師の指示を看護師は聞いていない。看護師の報告を医師が聞いていない。

急遽「掛かり付け内科」に駆け込んで状況を話したら驚いて、急遽転院先を探すと言った。
今、その返事待ちだ。

H病院がいろいろ不祥事に関わって代替わりしてからまだ3年だから、誰でも覚えている。

今回は、とにかく溶解剤の点滴に間に合ったからよしとするしかない。
後はいかに早く転院できるかだけだ。

退院してもリハビリの毎日だろう。
アタシャ、老老介護のために高所得高齢者になり、生きながらえてきたのだ。

一方で、Dickの口蓋に直径2センチぐらいの腫瘍が見つかった。
フレブルやボストンと違い、レギュラーブルの全身麻酔は多くの人手を要する作業なので近くの獣医大学に頼むことになっていたのだが、これも当分見送りだ。

しかしこういう場合、イヌがいてくれると助かるなぁ。
2頭が脚に顔を擦り寄せてくると落ち着く。

かくして、いろいろな方々のブログで応答すべきコメントにもしばらく応答できないかもしれないが、ご容赦賜りたい。
[PR]
by convenientF | 2008-09-29 16:05
東京は実にさわやかな1日だった。そして爽やかな麻生内閣がスタートした。
何が爽やかったって、ほとんどの閣僚の父親の氏素性顔写真がTVに出てくるのだからこんなに爽やかなことはない。心から日本国民にお祝い申し上げる。

何とも賑やかな日々だった。狂瀾と言っていいかもしれない。

一応対抗者がいて投票に持ち込まれたのは自民党だけなのに、民主党の小沢が最後に声を潰したのは、何とも日本的で笑えた。

アメリカの民主党代表選挙ではバラク・オバマとヒラリー・クリントンが最後まで猛烈な演説合戦を展開したが、声を潰し掛けたのはヒラリーの方だった。
そして日本の自民党総裁選では誰も声を潰さなかった。

当たり前だ。現代のマイクロフォンとスピーカーのシステムを使って選挙演説を続け、それで声を潰すとは、少なくとも正常ではない。
しかし日本の田舎のオジチャン、オバチャンたちの中には声をからさないとマジメではないとみなす人たちがいるらしい。
小沢は彼らに媚びたのか?何のために?

ところで私は「午前3時起床」という、日本の都会人としては奇妙なサイクルで生活している。かといって、魚河岸の人たちのように朝暗いうちから職業生活を始めるわけではない。とりあえずは、その時間に放送しているTVニュースを見る。

そんな時間にやっているニュースには結構拾いモノがあるんだなぁ。早くても午前5時以降の正常な時間帯のニュースでは編集で削られてしまうネタがある。

麻生は「陸上戦闘部隊の派遣の必要性」を口走ったことがある。しかし、直後9月20日(現地)にパキスタンで自爆テロが起きたからか、この種の発言は止まった。
また、竹中と同じように「預金より投資を」と呼びかけていたが、リーマン、AIG事件で止まった。

麻生が自ら止めたのか番頭が止めさせたのかは知らない。とにかく麻生の腹の底にこういうアイデアがることはあまり知られていないのではないだろうか。

「堤義明」がすっ転んだ後、麻生は日本を代表する資産家だ。普通の国民どころか、政治家や官僚や財界人の思いもつかないことを考え出すに違いない。
[PR]
by convenientF | 2008-09-25 16:16
かつて、手持ち資金を銀行預金や郵便貯金に置くのは非国民だ、というようなことを言った変な大臣がいましたなぁ。あれで一応経済学者と言うことになっていたらしい。私たち、別な学派で経済を学び、堅気の職業で銭を稼いで来た者は「インチキ野郎」「国際投機博打打ちの回し者」と彼を罵倒していました。しかし「顔が可愛い」というので彼の主張に従って株式や投資信託などに家計資金をつぎ込んだ主婦が少なくなかったようです。

最近では次期自民党総裁が確実視されている巨大資産家の政治家が同じことを唱えてきました。彼も主婦層に人気があるようなので銀行預金を投資に回した人はいたでしょうね。

そこへ今度のリーマン・ブラザーズ、AIGの破綻、そして世界的な大混乱。株式も投資信託も急降下。どこがどこに吸収合併されるんだか見当もつかない。グッチャグチャ。
AIGは保険もやっているから気持ち悪い人もいるでしょう。年金の支給開始年齢をさらに引き上げるかもしれません。

しかし私なんざ、銀行や信用金庫に普通預金を持っているだけです。保険契約もありません。だからペイオフが発動されない限り無事です。年金はもう支給されています。世界中の騒動を見物していられます。

円高で輸出企業はやっていけない、といっていますが、赤字になれば外国の怪しげな資本への配当が減ります。どうせ昔ほど日本人の社員を雇っていないし、固定給はあまり払ってないのだから雇用面への悪影響は以前ほどではありません。

消費財の半分以上は輸入品。円高になればモノを輸入しても円はあまり出て行きません。博徒どもの周章狼狽と切った張ったの喧嘩出入りを土手の上で眺めていればいいのです。東映映画の全盛期を思い出すなぁ。
[PR]
by convenientF | 2008-09-19 15:18
henry66さんはじめ、いろいろな方々のご機嫌を損ねながら「心の医療」に関する日本の現状に対する不満を吐き出し、スッキリしました。今朝は午前4時に、久しぶりに元気に目覚めました。不愉快に思われ方々に改めてお詫びしますが、すこし「追い打ち」を掛けます。

現在の日本の医学界では「鬱病」の治療には伝統的な「三環系抗うつ薬」と「SSRI」のいずれかが処方されています。SSRIが日本で認可されたのは2000年9月です。それまでは個人輸入で服用している人が相当数いたようです。現代でもなぜか個人輸入している人たちがいます。
「薬事法」では「劇薬」に指定されているにも関わらず「安全な薬」という認識が広まっていますが、実際には数々の副作用が報告され、公表されています。
しかし、この薬の常用者がネット上でほぼ例外なくあげている「シャービリ」という副作用は医学界も、したがって薬事行政も無視しています。
「シャービリ」とは難しい用語に感じられますが「頭の中でシャーシャーという音が聞こえ、時々体の一部がビリビリする」ことを当世の若者たちが当世風に略しただけです。これだけ「シャービリ」がポピュラーな現象になっているのに公式にはなぜ認められないのか不思議です。欧米では「シャービリ」などを抑えた新製品が続々発売され、これも個人輸入されているのに行政は動く気配を見せていません。

いま大騒ぎになっている「汚染米事件」と共通した行政の体質が見えます。
[PR]
by convenientF | 2008-09-19 05:52
数多くのコメントをいただき、感謝しております。本来ならば個々にご返信申し上げるべきなのでしょうが、今のところそれだけの能力がないようです。

9月14日(日)午後9時頃から9月16日(火)午前6時までの34時間中30時間眠ってしまいました。一つの極限に来ているようです。

また具体的な医療機関や医師の名前を出してはどうかとかとのご意見も寄せられております。

そもそも妻が強制退院させられたのは下記の状況からです。

洗濯物をコインランドリーに入れている間、時間が来ると妻はタバコと財布を喫煙コーナーに置いたまま洗濯機あるいは乾燥機のところへ行っていました。その間に1万円札が1枚ずつ減っていることに、ある日、気が付いたのです。初めのうちは多く入っていたので気が付かなかったのです。

そして1万円札が消えるのは喫煙コーナーで特定の女性患者と二人だけの場合に限られることを思い出しました。そこで問題の女性と同室で良識のありそうな患者にカネが消えているらしいことを話したら、その女性も同室になってから毎日千円ずつ消えることに気付き、ある日、その疑わしい女性が彼女の財布に触れているのを目撃したそうです。もちろん彼女は看護師に報告しましたが、他言しないよう厳しく言われただけだったそうです。

妻は喫煙コーナーに来る他の患者たちにも「1万円札が消える」ことだけを話したら、個室以外の患者たちの共用冷蔵庫から菓子類や飲み物がなくなり、問題の女性が持ち去るのを見たという人が何人も現れました。

そこで妻は、問題の女性患者を拘束病棟に移すべきではないかと、最上席のナースに提案しました。
2日後、すなわち私の入院予定日の早朝、妻から電話が掛かってきました。即日退院を命じ、以後はその病院への立入を禁ずる、と担当医に通告されたというのです。その結果、妻が入っていた個室が空くのでそこへ私を入れるから文句はないだろうと決めつけられたそうです。

かくして妻の退院と私の入院を同時に行うことになってしまったのです。妻が親しくなっていた患者たちが玄関まで見送りに来ましたが、立派な社会人らしい男性たちは「これで事件は闇に葬られるわけだ。あの女は経営側の縁故だからな」と囁いていました。

私は初めての病院食はどうにも食べられず、妻が冷蔵庫に残していったもので済ませました。そして6種類の薬を飲んで眠りに入って1時間後、左足首と右膝の激痛で目が覚めました。見ると左足首が完全に捻挫しており、右膝の内側に打撲を示す青痣ができています。

その夜はそのまま起きていました。朝の問診で担当医に足の負傷のことを報告すると「フンフン」と頷くだけでしたが、その夜から薬が1種類減りました。そういう副作用を起こす薬が投与されていたらしいのです。

やがて妻の退院から2週間が経過し、退院時に支給された薬がなくなったので追加を頼んでくれと電話で言ってきました。彼女を担当していたナースにその旨を話すと「当日配達の宅配便で送りましょう」と快諾してくれました。

ところが数分後、担当のナースが呼びに来ました。追加の薬を送ることをドクターが承知しないというのです。「とにかく立ち入り禁止処分になっている元患者に追加の投薬はできません。カルテのコピーはお渡ししてあるのでご自宅の近所で調達するようお伝えください」と宣告されました。主だったナースたちが全部集まっており、複雑な表情を見せておりました。

一呼吸置いて私が口を開きました。「明日の午前中で私は退院します」とキッパリ告げたのです。「惜しいなぁ。CFさんがお出でになってから病棟が明るくなったんですけどね」とドクターが言うので「それは私が入院費を支払う理由になりませんでしょう」と言って私は席を立ちました。

以後、この病院に関する情報を時々検索してみますが「好評」ばかりです。どんなサービス機関であれ、好不評が交錯するのですが、この病院に関してはそれがありません。情報操作が徹底されているのです。

怖い相手です。だからその名前は伏せます。

「離人症」、「パニックディスオーダー」その他の脳内の問題を抱えて生まれてしまった私は、今まで10カ所以上の「精神科」「神経科」「心療内科」などで受診してきていますが、過半数の医療機関では医師自身が患者を「基地外」として扱います。これが日本社会独自の現象なのかどうかは知りません。

伝統的な日本語の定義では、脳あるいは精神に問題がある人はみな「基地外」のようです。「心」は肉体の外にあるモノであり、従って「心の病」は「肉体の病ではない」という認識が、精神科医の間にも潜在的に存在するように思われます。

「基地外」で検索なさると「基地外」に分類されている人々の声を沢山聞くことができます。
[PR]
by convenientF | 2008-09-16 14:25
欧州旅行で案内役を引き受けた東京在住の英国青年に騙され、様々なPTSD症状を発して妻が入院してから14ヶ月。その煽りで私も短時間覚醒とパニックディスオーダーに苦しめられ、同じ病院に入院してから13ヶ月。
病院経営者側とのトラブルで二人とも退院し、その後1年間、徒歩の距離にある大手の精神病院に外来患者として通院してきたが病状は一向に好転しない。強いて言えば私の短時間覚醒が減り、パニック発作が出なくなったことぐらいか。

通院は2週間ごとだが、毎回2時間から3時間待ち。

それでも我慢して通ってきたが、今春から待合室の雰囲気が変わってきた。新顔の患者が急増し、概して荒っぽい。毎回暴力沙汰が発生し、私も身の危険を感ずるときがある。スタッフが「強制退院の患者さんたちです」と小声で教えてくれた。

意を決してかかりつけの内科医に相談すると、以前は学界でも有名だった精神科医が第一線を退き、近所で小さなクリニックを開いているという。早速紹介状を書いて貰って電話すると「ご夫婦の両方を診ることはしません。どちらかお一人です。ところで現在処方されているお薬は何ですか」といきなり険しい声で言われた。
「お薬手帳」を見ながら薬の名前を告げると「奥様の方はお断りします。その薬を処方されている患者さんは扱いません」
なぜ扱わないのか、理由の説明はない。私も腹が立ったので「じゃ結構です」と怒鳴りつけて電話を切った。

翌日になって、二十数年前に最初のパニックディスオーダーに襲われたときに世話になったドクターを思い出した。電話帳を見るとまだ同じ場所で診療所を開いている。タクシーで1000円ぐらいの距離だ。電話をかけると覚えていてくれた。

妻と二人で駆けつけると、予約してきていたらしい患者を待たせて先に診察室に通された。これまでの経過を説明し、「お薬手帳」を見せると表情が急変した。「奥様の薬、正反対ですよ」という。

妻も私も「鬱状態」にあり、私に処方されているのは確かに「鬱」を改善する薬だが、妻が1年半近くの間服用してきたのは「躁」を抑制する、つまり気分を沈める薬だったのである。結果として「鬱」が改善されるどころか、「抑鬱状態」が強まるのだ。

逆向きの薬に変えてまだ1週間も経っていないのだが、妻の表情は一変した。脳梗塞の後遺症で左手と発音は不自由ではあるが、声が全く違う上、よく笑うようになった。

大いに喜ぶべきことなのだが、現時点では、私には疲労感の方が強い。残り少なくなった人生の2年ばかりを、空費するどころか、苦しんで過ごしてきたのである。

明らかに「医療過誤」ではあるが、目に見える障害が発生しているわけではないので恨みを晴らすすべはないそうだ。
[PR]
by convenientF | 2008-09-12 15:28
コンビニで857円という本だからお持ちの方は少なくないと思うが、笑える。題名は『変な判決』(ポプラ社)で、著者は「のり・たまみ」とあるが、「のり」が旦那で「たまみ」がかみさんだそうだ。

判決が変なのは、普通、訴えが変だからで、だから本のタイトルに一工夫あってもよかったかな。

*世の中がおかしくなったのは神様のせいである。災いをなくすように裁判所から神様に命じてほしい。

なんて訴えは日本の裁判所自体が受け付けないだろうが、
*妻が、結婚前に美容整形を受けていたことを知らなかった。離婚と賠償金を求める。
*「汗くさい」と離陸直前に飛行機を降ろされた。33万円の損害賠償金を支払え。
*見知らぬ男から貰って知らずに飲んだ錠剤が覚せい剤だった。
*「デブ」と見知らぬ男性に言われ傷ついた。
となると我が国でも裁判になるかもしれない。

2009年5月21日にスタートする「裁判員制度」は「刑事裁判」に限られるそうだが先行きはわからない。
さらに民事であれ刑事であれ、不利な判決を受けた被告の恨みを買う可能性は十分ある。

この本の巻末には「裁判員」に指名されたときの心得や逃げ方も書いてある。文章は平易だから読んでおいて損はないと思うが…
[PR]
by convenientF | 2008-09-07 13:45
君は元々あの業界には向いてないんだよ。

いつ、どういうタイミングでずらかるか見守っていたんだが、上手いじゃないか。
君もボクももう72歳。

性に合わない仕事からはさっさと足を払って余生を楽しもうぜ。
後は野となれ山となれ!
ヤクザどもにまかせておけばいいさ。

そして民主党を見物。
自民党議員になりたかったけど入れてもらえなかったヤツら、何の職業に就いても駄目なヤツら、借金で首が回らなくなったので歳費から返済しているヤツらの集団だからな。
衆院選で万一「比較第一党」になり、小沢が総理をやらざるを得なくなったら彼奴は得意の「狭心症」を発症して降りる。「狭心症」は本人以外には確かめようのない病気だからいつでも使える。とにかく小沢は学生時代から「最高責任者」になりたがらず、「人形遣い」でいたがる。
だから、小沢が降りた後が見物。

おっと、肝心なことを書き漏らしてしまった。
たしか先々週、麻生と小沢がアメリカの駐日大使に呼ばれて話している。
これがホワイトハウスによる日本首相候補の「面接試験」。
漏れ伝わるところでは「麻生合格」、「小沢問題外」!

吉田茂より後の日本の総理大臣はホワイトハウスの面接に合格しなければならない。その面接を受けなかったためエライ目に遭ったのが「鈴木善幸」。
愛すべきオジサンだったんだけどな。
[PR]
by convenientF | 2008-09-02 16:44